FC2ブログ

宇土内谷の氷の情報 と 比叡山南面スラブのクライミング

宇土内谷の氷の情報(1月13日)

この日、熊本のクライマーが「三段の滝」に行きました。2段目(2ピッチ目)の氷が薄くて登れず、1段目(1ピッチ目)で登り返しやトップロープで遊んだそうです。大滝の方は、叙アブの氷が落ちていたとのことでした。
尚、翌日の14日は、朝・快晴、庵の玄関の寒暖計は「0℃」を指していましたので、「三段の滝」の1段目は前日のままと思われ、1段目(1ピッチ目)は登れると思います。(これらの写真はありません。すみません。)

※ その他氷の参考情報   
    1月14日、仲間が阿蘇の赤谷に行きました。氷は薄く、時折上部から小石がパラパラと落ち
    て来てダイレクト尾根まで登れなかったとのことでした。

1月13日 日曜 曇り
比叡山の駐車場に午前10時半過ぎ着。
佐賀の石橋大先輩と角町さんの3人で、角町さんのオールリードで麓屋のカンテ経由で「TAカンテ」を登り、練習するため懸垂で下りました。スラブの懸垂は、ロープが引っかからないように応用のやり方を学び下りました。

颯爽とリードするのは角町さんです。
IMG_20190113_122318.jpg
佐賀の御大、石橋さんは我らにアドバイスしながらラストで登ります。
IMG_20190113_115613.jpg


1月14日 月曜 祝日 晴れ(快晴)
この日は「三段の滝」へ行くつもりでしたが、氷の状況が良くないため、比叡山の下部「TAカンテ」上部「失われた草付き」へ行きました。
1ピッチ目と3ピッチ目は角町さん、4ピッチ目は石橋さん、5ピッチ目は角町さんと山元がそれぞれリードしました。前日登ったルートよりもグレードが上だったので、気合を入れて登りました。快晴で暖かく気持ち良く登られました。良かったです。

スタンス・ホールドを確実に捕まえて3ピッチ目をリードする角町さんです。
IMG_20190114_105714.jpg
痛めている足でも高度感のある4ピッチ目をスムーズに登る石橋さん。ホントで~す。エヘッ!
IMG_20190114_112848.jpg
スポンサーサイト

宇土内谷の氷の情報 と 国東半島の山ガイドブックが発刊されました。

宇土内谷の氷の情報(1/12現在)

今日(1月12日)、「庵・鹿川」の三澤さんが三段へ偵察に行ったところ、全体的に十分付いていた氷の2段目の氷が薄くなっていたが、1段目と3段目の氷はちゃんと付いていた、とのことでした。また付近で出会った大分のクライマーは「3段まで登れた」と言っていたとのことでした。

下の写真は、今年1月5日、大崩山山系の地蔵岳の北面にある宇土内谷の「三段の滝」の氷の状況です。
当日福岡の岩仲間が行き、スクリューも十分に入り、アイスクライミングを楽しめたそうです。
IMG_6054-000.jpg
※ 「大滝」の方は、そんなに厚くない氷が全体的に付いていたとのことでしたが、やや暖かくなった昨日(1/11)、三澤さんが偵察に行ったところ上部の氷が少し崩壊していたとのことでした。


国東半島の山ガイド本が出版されました。

大分県国東半島と姫島にある、計60の山のコースガイド・登山口や駐車場等の案内ガイド本です。
登山口案内の「QRコード」が付いています。大分の山岳会の「豊嶺会」から昨年の7月に発行されました。
このガイド本はラリーグラス等で販売されています。(山本090-7455-0474も仲介しています。)
img431.jpg

案内している60の山です。
img433-111.jpg

img433-222.jpg

氷の情報(大崩山系の宇土内谷) と 比叡山の岩登り

1月5日 土曜 雨のち曇り

1、氷の情報です。
この日、宇土内谷の通称「三段の滝」に行ったクライマーがいました。
この方々の話しでは
「三段の滝はスクリュウもキチンと入り登れた。大滝の方は上部の氷が薄いようであった」
との事でした。


       三 段の滝の1ピッチ目を登るクライマーです。
      IMG_6054.jpg
      大滝です。標高は三段の滝よりもかなり低いのによく凍っていますね。
      IMG_6052.jpg

2、比叡山の岩登りです。
5日の私たちは、今年初の岩登りとして、また雨上がりだったために2パーティで南面すらぶにある「3 KNスラブルート」へ行きました。
吉田さんと角町さんのパーティはツルベで、私のパーティは澤田さんがリードして気持ち良く登れました。寒くなかったです。

     吉田さんがリードし角町さんがビレーしています。
      IMG_0005.jpg
澤田さんがリードで先行し、横では角町さんもリードです。
IMG_0012.jpg


1月6日 日曜 曇りのち晴れ

この日の吉田さんと角町さんパーティは「TAカンテルート」をツルベでスムーズに気持ち良く登り、澤田さんと私は「ナックルフェースルート」のフェイス状の1 ピッチ目をトップロープにして登りました。小さいカチホールド・甘いスタンスに苦労しましたが、遊び甲斐があって良かったですが、指先が痛いです。
みんな満足して午後1時過ぎ比叡山を後にしました。

ナックルフェイスの1ピッチ目で「張って-!」と叫び苦労しているのは、わ・た・し・です。
IMG_20190106_120037851.jpg

明けましておめでとうございます。

           明けましておめでとうございます。
平成31年1月1日 火曜 曇り一時晴れ、夕方小雨 
午前7時36分 油山からの初日の出です。
曇天でしたが油山からの初日の出の時は山に掛かっていた雲がす~と除けてくれました。気が利いた雲さん、有り難う。
時々このブログは更新します。良かったら気がいた時に覗いて下さい。

叶岳山頂から初日の出を拝みました。
IMG_310101-222.jpg

日の出を待っている善男善女(もちろん、わたしも含んでいます。ハイ。)
IMG_300101-111.jpg

頑張っているライマーのオンサイトリード & 番外編 2 件

12月24日 月曜(振替休日) 晴れ(快晴に近い)

熊本のクライマー澤田さんが、比叡山の「3 KN スラブスーパーは登ったことはないので、オンサイトでリードしたい」とのことで、その意気込み、ポシティブに打たれました。
ルートファインディング、ロープ捌き、ホールドスタンスの取り方、等々に注視していましたが、彼は何の問題もなく落ち着いて登り、私は安心して確保をしていました。彼は頑張り立派でした。

3 KNスラブスーパーの1ピッチ目をルート読みして登っています。
IMG_20181224_103945.jpg
2ピッチ目でも頑張っています。
IMG_20181224_110523.jpg
岩場の下降路付近
2月下旬から3月にかけて咲く「ヤマツツジ」が、この暖かさで数輪咲きつぼみもありました。今の気温、異常でしょう。
IMG_20181224_115837.jpg

番外編 その1
12月23日、三沢さんと佐賀で闘病中の庵の仲間を見舞いに行きました。その仲間は、比叡山の「比叡の果てルート」等を頑張っていたクライマーであり農学博士でもありました。見舞いに行ったら思いのほか元気で少し安堵しました。
img427-000.jpg img428-111.jpg

番外編 その2
我が家の近郊の山(叶岳・高地山 等)に時々トレーニングで登ってますが、ここを毎日のように登っておられる「しんつくし山岳会」の方が、登山道の整備をしています。この写真は、落ち葉が登山道に積もり足場が不安になったため落ち葉等を掃いています。感心しています。(12/19)
IMG_20181219_091558.jpg