FC2ブログ

大崩山系・地蔵岳登山

2月26日(日・晴れたり曇ったり)
 夕べの雨で比叡の岩登りに戦意喪失した麓屋3にんは上鹿川の地蔵岳に登ってきました。
 地蔵岳の登りは急登ではありますがよく整備されておりました。しかし、着いた先の頂上は地蔵岳南峰と書いてあり地蔵岳の頂上ではありませんでした。
南峰頂上と地蔵岳岩壁

そこから観る地蔵だけへの岩壁群がなんとも魅力的で、藪こぎ覚悟でトライしました。行ってみるとかすかな踏み跡と測量者がつけたと思われるピンクのテープが下がっておりました。登りはそんなに難しくなく岩の間を難なく登れます。しかし、岩峰を過ぎての頂上への藪は半端でありませんでした。ぎっしりと詰まった背丈以上のスズタケに行く手を阻まれ難儀します。
地蔵岳南峰への尾根

くだりは藪の中を登ったとおりに下るのに神経を使います。
岩場の下りもピンクのテープを頼りにしなければややこしい下りになっていました。
しかし、楽しい藪こぎ登山でした。
地蔵岳頂上とすごい藪
登山口(9:30)--南峰頂上(10:40)--地蔵岳頂上(11:50)--南峰頂上(12:50)--登山口(13:50)
藪に囲まれた頂上



スポンサーサイト