FC2ブログ

阿蘇高岳・赤谷ダイレクト尾根と福寿草

2月11日 土曜(建国記念の日) 曇り一時雪
   12日 日曜            曇り一時雪一時晴れ


阿蘇高岳の赤谷からダイレクト尾根へ行って来ました。
11日は、都市高速と九州道が雪で通行止めが解除になった午後2時過ぎ出発。阿蘇町で松山さん等と合流し4人となり仙酔峡の手前の道路端でテント泊。
12日は、仙酔峡を7時半ごろ出発。
赤谷は、松山さんがリード。全般的に滝の氷は薄かったです。
まったく氷が付いてない滝ではホールドの甘いスラブをアイゼンでガリガリ登る様で凄く難しくて仕方なく後から来た知合いの福岡のパーティに繋がりました。またその先の大滝は昨年あった氷のモンスターの形もなく簡単に越えられました。
それらの原因は、雨が少ないのと熊本地震で谷の形相が変わったのも関係あると思われます。
赤谷の上部のダイレクト尾根は、去年と殆んど変わっていませんでした。
この日、私の体調が優れずバテ気味となりみんなの足を引っ張り、ルートをやっと終え仙酔尾根を下る時は暗くなってしまいました。ヘロヘロになりましたが、でもでも、良かったです。時にはこんなミックスも良いです。

仙酔峡から高岳・鷲ヶ峰(左方)を望む。前方は花酔橋の滝
IMG_0996-1-1.jpg
氷の少ない滝をリードする松山さん
IMG_1003-2.jpg
薄い氷を登る坂井さん
IMG_1009-3.jpg
氷がまったくないかなり難しい滝(スラブ)を登る後続パーティ
IMG_1011-4.jpg
大滝(昨年上部にあったエイリアンはない)
IMG_1017-1-5.jpg

2月14日 火曜 朝方雨のち曇り一時晴れ
福寿草を見るために九州山地の岩宇土山へ行きました。
カンタンに思って行きましたが、山は冬山でかなりの雪があり、ビックリしました。
このため福寿草は諦めていましたが、同行の方から特別の場所に案内して頂き、初めて自生の福寿草に会えて感激でした。
二本スギ越えの道路は久々に私の四駆スタッドレスタイヤ車が活躍し良かったです。

IMG_1047-1.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する