FC2ブログ

韓国 ・ 仁寿峰のクライミング

5月22日から26日まで仲間4人と韓国の仁寿峰へ行って来ました。
23日が「シュナードA」、24日「インスリッジ」、25日が「コードックウィキルリッジ」を登りました。

「シュナードA」はコーナーのクラックのルートで、核心は「5.10a」のコーナーの垂壁クラックです。リードは松山さん、オンサイトで必死でリードでした。私もこのルートは初めてで、フレアーしたクラック、クラックのかぶり、垂壁のクラック、等々ある核心部はフォローでもフリーで登るのはとんでもない、Aゼロ・A1・ゴボー、何でも有りでしたが、それでもとてもとても厳しかったです。
「インスリッジ」は過去数回登っていたので、ルートが分かっており、ややゆとりがありました。終了点は仁寿峰の山頂で快晴で気持ち良かったです。
「コードックウィキルリッジ」は2回目、数年前の1回目を思い出し安心して登れました。
3日間、とても充実し満腹となりました。

今回もソウルの東大門のゲストハウスに泊まり、そこから3日間仁寿峰に通いました。以前は白雲山荘に泊っていましたが、この方法も「あり」でした。もっとも、白雲山荘は泊まれることが出来なくなるそうですが。
また、北漢山(白雲台 836m 、仁寿峰 810m 、万景台 799m )への登山時間規制出来たようでした。

泊まった場所近くには、登山店が沢山あり、毎日登攀を終えての帰りがけにそれら店に寄り登攀用具等を買いあさり、夕食は韓国レストランで焼肉等を美味しく頂きお腹も満腹満足の毎日でした。ハイ。

仁寿峰
P5174537-1.jpg

登った「シュナードA」ルートは、写真の中央のまっすぐに突き上げたクラックのルート
IMG_1604-1.jpg

「シュナードA」のフレアーしたラックを初見でリードする松山さん
IMG_1573-2.jpg

「シュナードA」のかぶりのクラック
IMG_1585-3.jpg

「シュナードA」の最終ピッチのスラブを登る、このスラブも厳しい
IMG_1590-4.jpg

「インスリッジ」のフィンガークラック
IMG_1597-5.jpg

「インスリッジ」、この上がガイド本には「Aゼロ」となっている。松山さんはここをフリーで越えた。
IMG_1598-6.jpg

「コードックウィキルリッジ」の気持良く登れたクラック
IMG_1610-7.jpg

夕食は毎日こんな感じ、美味しかったで~す。
IMG_1603.jpg



スポンサーサイト
コメント

ガバイよか~

素晴らしい!ファイト
素晴らしいルート
よかてんき~
オイも登りたか~です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する