FC2ブログ

灼熱の時も比叡山の岩?

7月29日 土曜 曇り一時晴れ(庵では夕立あり)
   30日 日曜 晴れ

7月の終わりで、もう真夏の中でしたが、高を括って比叡山へ行き岩を登りました。結果、暑さにやられ終了点ではヘロヘロとなり、よろよろで下山しました。
両日とも山元さんと二人。比叡山の岩も私らの二人のみ。ものすごく暑かったですが、頑張って
29日が下部「麓屋のカンテ、上部が失われた草付き」、30日が「3KNスラブスーパー」
へ行きました。
両日とも取付きからムッとしてとても暑く、また前日に夕立があっていたので岩は濡れている個所が多くて緊張しましたが、山元さんが頑張ってリードしました。しかし終了点では、暑さに二人ともやられて、下山道では、よろよろとスローとなり、下山が核心のようにも思われました。ホントまいりました。

8月11日 金曜・祭日 くもり
この日、比叡に着いたら、7月下旬の比叡の暑さとは違って、そんなに暑くありません。
友田さんと吉田さんの3人で下部「麓屋のカンテ」、上部「ナックルフェイス」
へ行きました。
ナックルフェイスの核心は、友田さんが汗を流しながら初見でリードしました。頑張りました。お陰で私は久々にこのルートを登れ楽しみました。良かったです。
しかし、終了したら途端に暑さを感じ、7月下旬の下山までではなかったのですが、かなり疲れました。

失われた草付きをリードする山元さん
ラッペルステーション

3KNスラブスーパーの核心をリードする山元さん
IMG_1977-2.jpg

麓屋のカンテをリードする吉田さん
IMG_1981-3 - コピー

ナックルフェイスの核心を初見でリードする友田さん
IMG_1986.jpg

8月12日
11日は庵に泊まり12日も比叡山の岩を登るつもりでしたが、12日の朝、空を仰いだら快晴。アヤヤ、これじゃ日中暑くなるのは必至だ、登ったら死じまう、と勝手に負の方に思い登る根性が失せ、あえ無く比叡の岩は中止。
しからばと、数時間庵の風呂用の薪を割り、少し汗をかいて帰りました。
帰る途中、何時かは行きたかった大川にある「古賀政男記念館・生家」に寄りました。
館内では「歌声ひろば」があっていて、ご年配の方々がアンサンブルに合わせ古賀メロディーを歌っていました。あんなのも良いですね。
IMG_2000.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する