FC2ブログ

釣鐘山へ登山道のない南面から登りました。

2月18日 日曜日 晴れ
日之影町にある「釣鐘山」(1395.7m)へ道なき樹林帯の中から登りました。

「庵・鹿川」の三澤さん・吉村さんや福岡の岩仲間が以前から「釣鐘山を登山道のある鹿川峠の方面から登るのではなく、人が登っていない南方の樹林帯の中を登り、山頂から南西に伸びている尾根に登り上がって山頂へ行こう」と思っておりました。
今回それを実行すべく、前日の17日に途中まで偵察に行き、18日にそのルートをGPSやスマホの「ヤマップ」で確認しながら登りました。
途中岩場を外すように、また地形が樹林帯の中で地形が見えないのでルート取りに、更に急峻な山で樹林帯の落ち葉が多い急登の連続で、特に下山の際に滑り落ちないように気を付けました。
結果、登りが約3時間、下りが2時間半程度掛かり、累積標高上り991mでした。
時にはこんな登り方をするのもイイものだな~と思い、結構面白かったです。

日之影町鹿川地区西の内から見た釣鐘山~山頂がちょこっとしか見えません。
釣鐘山-000
杉などの植林された樹林帯の中から登りだします。
IMG_30218.jpg
釣鐘山山頂~まだ雪がありました。
IMG_0009.jpg
山頂から阿蘇山の遠望~右に見えるギザギザの山が「根子岳」です。
IMG_0018.jpg
歩いた軌跡~「ヤマップ」です。
2018-02-19-000.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する