FC2ブログ

伯耆大山別山バットレス中央稜登攀

2月23日~25日
伯耆大山の別山バットレス中央稜を登って来ました。

メンバーは、庵の石橋さん山元さん私(山本)と山仲間の川村さんの4人です。
23日 金曜 晴れ 夜福岡の白木原に集合し大山寺へ
24日 土曜 曇り台風並みの強風 大山寺から元谷まで登り強風のため登攀延期
25日 日曜 曇り 別山バットレス中央稜登攀 下山後帰福 

24日は、別山バットレス中央稜を登ろと張り切って元谷まで行ったところ、のすごい目を開けていられない強風、こんな時に登ったら皆さんが悲しみ泣き崩れると思って、明日に希望を繋げ下山。
25日、4時起床、風は収まって曇っていますが視界は良し。4人、「コリャいいバイ。年男年女のお陰やな?」と言いつつ出発。
11年前に登った時は、弥山沢から取り付きへ行ったのでが、今回は行者谷から取り付きへ行きました。
1ピッチ目は4人フリーソロ。2ピッチ目からロープ出しました。4人を2パーティに分けて「つるべ」で登り、別山の頂上直下の傾斜の強くちょっといやらしい核心部は川村さんと山元さんがリード。二人とも頑張りました。
ランニングは木の枝や所々出て来るリングボルトで取りました。

次の核心部は吊り尾根です。しかしそこには雪が付いて幅が出来て用心しながら立って渡れました。(前回は雪が少なく馬乗りになって渡りました)
その後は雪壁を登って終了です。
いや~ 本当に面白かったです。4人とも十分に満足しました。握手を交わし饒舌になりました。

これが別山、その真ん中に走る尾根が「バットレス中央稜」です。
a0351736_16110599.jpg

2ピッチ目のスタート、川村さん山元さんがリードです。(1ピッチ目は4人ともノーザイル)
IMG_0011-11.jpg

別山山頂直下の核心部の出だし。川村さんのリードです。緊張です。
a0351736_16120145.jpg

別山の頂上から吊り尾根に向う石橋先輩です。
IMG_0023-888.jpg

山本が下方の吊り尾根に取付くためアックスとフィックスロープを使って下りているところです。
a0351736_16123913.jpg

両側が切り立った吊り尾根をリードする山元さん。雪があるので立って歩けるので~す。
IMG_0025-25-33.jpg

後方の別山から吊り尾根を渡り終了ピッチを登るLDの川村さんです。
IMG_0030-25-44.jpg

終了点(主稜線)から見た剣ヶ峰(真ん中にちょこっと尖がっているピーク)
IMG_0042-55.jpg

登った軌跡(ヤマップ)
2018-02-26 (2)
活動事跡
2018-02-26 (1)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する