FC2ブログ

雨の鉾岳はやはり登れませ~ん。& 水道工事です。

8月24日 土曜 曇り時々雨

若い仲間の情熱にイヤとは言えず鉾岳の「下部美しいトラバース、上部KYC」へ行こうと思っていました。
庵から行く時、前夜に一時強く降った雨で登山道も濡れ空には雨雲が垂れ下がり「う~ん、これではどこまで登れるか…、しかし先ずは取付きまで行く体力があるかいな」とブツブツ言いながら汗をかきかきどうにか8時過ぎ取付き着。
岩は濡れ上部はガスの中、折角ここまで来たのだからガスがかかっていない3 ピッチ位でも登ろうとMIURAを履きフリクションを利かせスタートしました。しかし1ピン目から上のスラブは「つるっ!つるっ! わ~こわ!」。良く見ると雨でかすかに薄青のコケが生え、私に「ウッフッフ、登ったらケガするぞ!」と言っているようでした。私も「ここでケガしたらみんなから何と言われるか分からん」と腰が引けました。根性がなかったです。
帰りに「パックン岩」を見学に行き、その岩の裏が取り付きになっている「滝つぼルート」を懐かしく(20年ぐらい前に良く行ってました)眺めました。

庵に帰って午後から「瞑想庵」の水道が漏れていたようで、その工事をするため水道設備大会社の北山大社長が来てその修理工事をしましたので私は手子になりました。はい。


「行くぞっ!」と張切って出ましたが、「つるっ!」には勝てず敢え無くクライムダウン。
雨の鉾-2

          このパックン岩の裏側が「滝つぼルート」の取付きです。
       IMG_1.jpg

北山大社長が専門分野を生かしてこの時とばかりに三澤当主と私をこき使います。
IMG_20190824_141201.jpg
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する